読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民進党は顔じゃなく体制が変わらなかったら意味がない

民進党の代表選挙が終わったらしい。蓮舫のグダグダな「説明責任」にもかかわらず圧勝してしまった。人材がないということだろう。

聞くところによると今回の代表候補者たちの主張の違いが「あまり無い」程度のものだそうだ。その中で岡田体制の継承者の蓮舫が勝ってしまった。だめな選択肢から最悪の候補を選んでしまった。

ただポジティブに考えれば、蓮舫体制は早く倒れるから民進党としては次代に賭ければいいということになる。…無理かな?

今回の選挙で「顔」は変わったが、政策や体制は変わらなかった。幹事長が野田というのは、是が非でも旧態依然の体制をやめない決意さえ感じる。体制が変わらなかったら代表を変えても意味は無いだろうに。

こんな党でも野党第一党だ。労働組合のおかげだろう。もしかしたら労働組合民進党のガンなんじゃないの?

広告を非表示にする