読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「国の借金」という煽り

財政のことも金融のことも経済学も分からないが、「国の借金」が煽りだということくらいはわかる。

「国の借金」

headlines.yahoo.co.jp

最初のほうを引用する。

 財務省は10日、国債と借入金などの残高を合計した「国の借金」が9月末時点で1062兆5745億円だったと発表した。

 6月末時点から9兆1069億円増え、過去最高を更新した。10月1日時点の人口推計(概算値1億2693万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約837万円になる。

資産のことを書かないとフェアじゃないような気がするが。

「国の資産」は?

財務省のHPにこんな記事が。文字装飾は筆者。

日本の政府は借金が多い一方で資産もあり、資産を売れば借金の返済は容易だという説もありますが、どのように考えていますか?

国においては、企業会計の考え方を活用して貸借対照表(バランスシート)を作成しており、平成21年度末時点では、1,019兆円の負債に対し、647兆円の資産が存在しています。

しかしながら、これらの資産の大半は、性質上、直ちに売却して赤字国債建設国債の返済に充てられるものでなく、政府が保有する資産を売却すれば借金の返済は容易であるというのは誤りです。 代表的なものをご説明すると、 [以下略]

www.mof.go.jp

そんなこと言うなら、国債だって「性質上」直ちに返済しなくてもいいものなんですけどね。なに、この「性質上」って?

少なくとも財務省は「国の借金を公表するなら資産も同時に公表しなければ公平ではない」とメディアに抗議すべきだ、と思ったが、財務省が率先して「国の借金」論を主張してるみたいだね。

財務省の思惑?

以下の記事がある。1月の記事だ。

筆者には役人や役人OBからさまざまな忠告があった。その一つで忘れられないのが、「借金が多く財政危機なんて思っていないから、資産売却の話はやめてくれ。オレの将来がかかっている」

財務省やその関係者が「借金1000兆円あるから、増税」というとき、資産、つまり天下り先は温存するという前提だ。もし、資産売却するつもりなら、資産を差し引いたネット債務額500兆円というはずだ。さらに、日銀を含んだ連結ベースの200兆円といってもいい。

日頃天下り問題に敏感なマスコミが、天下り先を温存する前提である借金1000兆円と言っているのは、不思議でならない。

www.j-cast.com

私は高橋氏の主張を「信じている」が、ウソだと思ってる人もネットの中にはたくさんいるんだね。

でもとりあえず、「国の借金」論を主張する際に資産の話を書かない記事はおかしいことはわかるよね。

「マスコミが言うことはウソばかりだ」と言う人は「国の借金」論も疑ってみては?

広告を非表示にする